​メス・アイナク出土品保存修復プロジェクト

December 27, 2019

 アフガニスタン博物館から、メス・アイナク遺跡出土の壁画2点が到着しました。

 これは、本センターで手掛けてきた「メス・アイナク遺跡出土品 保存・修復プロジェクト」の一環として、東京藝術大学で修復を行うものです。

 メス・アイナク(Mes Aynak)仏教遺跡は紀元前3世紀から8世紀頃、ガンダーラ地方の仏教信仰や経済の中心地として栄えました。同地は大規模な未開発銅鉱床があることでも有名で、近年、大掛りな露天掘りによる採掘が計画されています。このため、多くの遺跡は消滅の危機にあり、発掘と出土品の移転が進められています。

 「メス・アイナク遺跡出土品 保存・修復プロジェクト」の詳細はこちらをご覧ください...

May 31, 2018

 東京藝術大学社会連携センター(ユーラシア文化交流センター)では、アフガニスタンのメス・アイナク遺跡出土品保存修復事業を実施しています。当ブログではその修復過程を紹介しています。

 事業の概要は「ユーラシア文化交流センタープロジェクト」をご覧ください。また、修復作業は木島隆康教授(東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻)の研究室にて行われました。

====

 2018年5月17日、修復を終えたメス・アイナク出土の文化財が、アフガニスタンに向けて出発しました。これにさきがけ、4月27日に関係者に向けた報告会が行われました。

【修復について】

修復について解説する木島隆康先生

 木島先生は油絵の修復を専...

April 2, 2018

 東京藝術大学社会連携センター(ユーラシア文化交流センター)では、アフガニスタンのメス・アイナク遺跡出土品保存修復事業を実施しています。当ブログではその修復過程を紹介しています。

 事業の概要は「ユーラシア文化交流センタープロジェクト」をご覧ください。また、修復作業は木島隆康教授(東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻)の研究室にて行われています。

====

 2018年3月18日~24日、アフガニスタン国立博物館の修復専門家2名が来日しました。

 今回の来日では、修復を担当した木島研究室が修復方針やその経過を、写真や記録を見せながら説明し、修復状態について問題がないか最終チェックを行いました。

...

March 5, 2018

 東京藝術大学社会連携センター(ユーラシア文化交流センター)では、アフガニスタンのメス・アイナク遺跡出土品保存修復事業を実施しています。当ブログではその修復過程を紹介しています。
 事業の概要は「ユーラシア文化交流センタープロジェクト」をご覧ください。また、修復作業は木島隆康教授(東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻)の研究室にて行われています。
====

 本プロジェクトが2月21日付けの讀賣新聞(朝刊)で取り上げられました。
 また、アフガニスタンの文化財保護にご尽力されている東京藝術大学客員教授の前田耕作先生が、現在修復が進められているメス・アイナク出土品について、ご寄稿くださいま...

February 21, 2018

 東京藝術大学社会連携センター(ユーラシア文化交流センター)では、アフガニスタンのメス・アイナク遺跡出土品保存修復事業を行っています。当ブログではその修復過程を紹介しています。

 事業の概要は「ユーラシア文化交流センタープロジェクト」をご覧ください。また、修復作業は木島隆康教授 (東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻)の研究室にて行われています。

====

 破壊の危機に瀕した壁画は、安全な場所に移築するために、アクリル樹脂で強化され、さらに壁画面を保護するために和紙とガーゼが貼られていたました。しかしながら、火急的処置の状態がかなり悪く、土壁と顔料の接着力に比べ、和紙と顔料の間の接着力が強...

Please reload

東京藝術大学社会連携センター

ユーラシア文化交流センタープロジェクト(プロジェクト担当)

Tel: 050­-5525-­2029

E­mail: eurasia[at]ml.geidai.ac.jp

東京藝術大学社会連携課(事務担当)

Tel: 050-5525-2034

E-mail: kenkyo[at]ml.geidai.ac.jp

© 2016 東京藝術大学社会連携センター All Rights Reserved

〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8

​【 LINK 】