検索

【今年も修復が始まりました(メス・アイナク出土品保存修復プロジェクト)】

最終更新: 1月23日

====

 東京藝術大学社会連携センター(ユーラシア文化交流センター)では、アフガニスタンのメス・アイナク遺跡出土品保存修復事業を実施しています。当ブログではその修復過程を紹介しています。

 事業の概要は「ユーラシア文化交流センタープロジェクト」をご覧ください。また、修復作業は東京藝術大学文化財保存修復センター準備室にて行われています。

====


 2020年1月、今年もアフガニスタン博物館から、メス・アイナク遺跡出土の壁画2点が到着しました。

 壁画はまだ保護材で覆われ、中を見ることができません。

 まずはX線撮影が行われました。

壁画大裏面(81×162cm)


壁画小裏面(80×74㎝)


壁画大X写真


壁画小X写真


続いて、小さい方の壁画から、アセトンを湿らせた脱脂綿を使って、表面を保護しているガーゼと和紙を、慎重にはがしてゆきます。壁画上部と思われる部分に、赤い顔料が塗られているのがわかってきました。